スマートフォン用の表示で見る

プロメテウスの火

一般

プロメテウスの火

ぷろめてうすのひ

ギリシア神話においてプロメテウスが人類にもたらした火のこと。ひいては、強大でリスクの大きい科学技術の暗喩として用いられる。

プロメテウスは天界の火を盗んで人類にもたらした存在として知られる。ギリシア神話において、人間はプロメテウスから火を与えられて幸福になったかというと、あながちそうとは言えず、高度な文明と共に争いや苦難も持つようになったという。

原子力は、しばしば「プロメテウスの火」に喩えられる。人間の力では制御できない高いリスクを持ち、仮に制御し通したとしても、オンカロのように人間の尺度を越えた膨大な時間の管理が必要となる。そのような技術でありながら、発電という側面においては半ば欠かすことができない技術となっているため。