スマートフォン用の表示で見る

ヘイゼルの悲劇

スポーツ

ヘイゼルの悲劇

へいぜるのひげき

Heysel Stadium disaster


ヘイゼルの悲劇は、ベルギー首都ブリュッセルのヘイゼル・スタジアム (Heysel Stadium) でおこった大惨事

1985年5月29日UEFAチャンピオンズカップ決勝 「リヴァプールFCイングランド) vs. ユヴェントスFCイタリア)」 の試合で惨事はおこった。互いのサポーター同士が小競り合いをきっかけに暴徒化。リヴァプールFCのサポーターがユヴェントスFC側の観客席にになだれ込み、サポーター同士が衝突する事態に発展。結果として死者39名、負傷者400名以上という大惨事になってしまった。なお、死傷者のほとんどがイタリア人であった。

試合は約1時間半遅れで強行開催となり、選手達はこの異常事態に戸惑いながらもプレーし、結果はユヴェントスFCが 1-0 でリヴァプールFCを下し優勝した。しかし、ミシェル・プラティニ率いるユヴェントスFCの選手たちに笑顔はなく、優勝カップも控室で授与された。

この事件後FIFA国際サッカー連盟) は、イングランドサッカークラブは無期限の国際大会出場を禁じる措置を下した (後に5年間、当事者のリヴァプールFCは7年間に軽減された)。


関連ワード: ヒルズボロの悲劇