スマートフォン用の表示で見る

ヘッジファンド

社会

ヘッジファンド

へっじふぁんど

現在ではその内容は多岐に渡り、万人に受け入れられるような定義はない。有価証券、又はその他の資産ファンドとして保有する経済主体で、私募形式をとり、Investment Company Actの適用を受ける投資顧問会社としては登録されていないもの、といったくらいの意味で使われている。

1949年にアルフレッド・ジョーンズが創設したプライベート・パートナーシップが始まりとされている。ジョーンズのファンドレバレッジをかけて株式投資するもので、市場変動に対する「ヘッジ」として空売りを行ったことからヘッジファンドの名がある。現在では投資対象は債券通貨をはじめ商品オプション上場先物、非上場の各種デリバティブ、そしてその他の有価証券以外の資産へと広がっており、使われる投資戦略も非常に多彩である。その名の由来となったヘッジ戦略や裁定にとどまらず、昔ながらの「株の買い持ち」も行われる。

Implications of the Growth of Hedge Funds--Staff Report to the United States Securities and Exchange Commission (September 2003)より抄訳