スマートフォン用の表示で見る

ヘッブの法則

サイエンス

ヘッブの法則

へっぶのほうそく

神経細胞がつくるネットワークの同じ部分に、繰り返し電気信号が走る(同じ刺激が与えられる)と、関連するシナプスの強度が上がり、伝達効率が増強されるという法則。

心理学者ドナルド・ヘッブによって提唱された。