スマートフォン用の表示で見る

ヘテロセクシャル

一般

ヘテロセクシャル

へてろせくしゃる

heterosexual

異性愛

19世紀、精神医学上の病名として登場したホモセクシャル同性愛に対し、対抗概念として誕生した用語。

20世紀以降、更にこの両者に対する対抗概念としてバイセクシャル両性愛パンセクシャル全性愛アセクシャル=無性愛といった用語が生まれたが、現状では両者と並ぶ概念として認められているとは言い難い。

ヘテロと略されることが多い。

人間社会の大多数は生物学的事情からヘテロメインであるが、ヘテロオンリーが最多数派なのかについては異論があり、むしろヘテロメインでも、状況に応じてホモも行う、ヘテロメインのバイセクシャルが一番多数なのではないかという意見がある。根拠として、いくつかの社会でヘテロに近い同性(女っぽい男、男っぽい女)に引かれるホモセックスが流行したこと、普段ヘテロオンリーに見える人でも、異性に出会えない環境ではホモセックスを行う事例が多いことである。

そのことから、ヘテロオンリーのみが生物学的に正常であるとする性愛観に関しては、ホモやバイにあまり理解のない人間であっても、行き過ぎだという批判が生じる。実際、一部の時代、地域の社会集団では、(男装の麗人や成人前の女っぽい美少年限定であったり、異性と容易にセックスできない状況下という原因があることもあったが)ヘテロオンリーよりも、ヘテロメインのバイの方がもっとも典型的な性愛の形であった事例がある。