スマートフォン用の表示で見る

ヘルマン・ワイル

Hermann Klaus Hugo Weyl(1885年-1955年)。数学者物理学者ドイツハンブルク近くのエルムスホルン?生まれ。ゲッチンゲン大学で学ぶ。師匠ヒルベルト1933年アメリカ政治亡命し、プリンストン高等研究所?に勤務。

 ワイルの業績は多岐にわたり、作用素のスペクトル理論?、群の表現論?、面の理論?,Affine接続?の概念の導入などの数学上の仕事に加え、量子力学相対性理論などの物理学の分野でも、表現論微分幾何学を応用した仕事をしている。物理学の中でも特に、重力場電磁場幾何学的に統一しようとした試みは、現在の統一理論?の先駆けといえる業績である。また、フィールズ賞受賞日本人数学者小平邦彦氏をプリンストンに招聘したことでも有名である。