ヘルムート・ヨハン・ルートヴィヒ・フォン・モルトケ

社会

ヘルムート・ヨハン・ルートヴィヒ・フォン・モルトケ

へるむーとよはんるーとう゛ぃひふぉんもるとけ

Helmuth Johann Ludwig von Moltke

プロイセンドイツ帝国の軍人。

1848年5月25日、生まれ。1916年6月18日、死去。

1914年8月1日、参謀総長としてドイツ軍に総動員令を布告。4日にベルギールクセンブルクへの侵攻が始まり、ドイツは第一次世界大戦に同盟国として参戦する。

1914年9月5日から12日のフランスでのマルヌ会戦においてドイツ軍は敗退し戦線は膠着。

1914年9月14日、参謀総長を辞任。