スマートフォン用の表示で見る

ヘルメス

一般

ヘルメス

へるめす

Mercury

オリンポスの十二の神の一柱。ローマ名はメルクリウス(英語読みはマーキュリー)。

商業、交信の神、旅人の守り神。ゼウス神の使者や死んだ者の魂を黄泉へ導く案内役に任命される。ヘルメスは眠りを与える者でもあった。

聡明で雄弁。また、生まれてすぐアポロンの牛を盗んだことから、盗賊の庇護者とされる。

翼をもった帽子をかぶり、翼をもった靴を履き、二匹の蛇がからみついた杖、ケーリュケイオンまたはカドウケスを持っている。

古代アルカディア地方では「ヘルマ(Herma)」という男根をかたどった、街道に立てられた道祖神のような石の柱に道中の安全や豊穣多産を祈願していた。ヘルメス信仰は、それに由来するとされている。

ヘルメス思想

ギリシャ神話ヘルメス神と、エジプト神話のトート神、さらにの錬金術師ヘルメスが同一視されてヘルメス・トリスメギストス(三倍偉大なヘルメス)と称されるようになった。ヘルメスとトートは本来共に言葉と学問の神であり、ヘレニズム時代に入ってからは広い範囲で両神の等置が認められる。キリスト教以前の知識を伝える神秘思想家とされる。

キリスト教神学では、モーセまたはアブラハムの時代に、キリスト教の出現を予見した異教徒の預言者と考えられた。イスラム教では、預言者エノクと同一視される。

宗教法人「幸福の科学」

ヘルメス(Hermes)・・・ヘルメスは、約4,300年前、ギリシャ*1を統一し、愛と発展・繁栄の教えで人々を幸福へと導いた王です。奇跡を起こすケリューケイオンの杖を持ち、数々の神秘的な現象をもたらしました。その半生が書籍『愛は風の如く』(幸福の科学出版刊)に綴られている。地球の至高神エル・カンターレの魂の一部であり、2,500年前のインド釈尊ムー帝国の大王ラ・ムー、伝説の大陸アトランティスでは、文明の最盛期をもたらしたトスとして転生しています。そして、エル・カンターレの魂の中核意識が、現在、大川隆法総裁として、日本に下生しています。

*1考古学的にはクレタ文明初期の頃