スマートフォン用の表示で見る

ヘレン・メリル

音楽

ヘレン・メリル

へれんめりる

Helen Merrill、(「ヘレン・メレル」と表記されることもある)

ジャズシンガー

1929年ニューヨーク生まれ。

15歳でデビュー。

マイルス・デイビスやJ.J.ジョンソンバド・パウエルらと共演経験をもつ。ハスキーでありながら透明感のある声は「ニューヨークのため息」と言われる。

「What's new」や「You'd be so nice to come home」はCMにも使われたので有名。

70年代に日本に数年間住んでいたことがあり、大の親日家であり日本語もほんの少し喋れるらしい。

80年代後半からは、ロン・カータースタン・ゲッツウェイン・ショーターといった大物アーティストとアルバムを制作。

スタン・ゲッツとの「ジャスト・フレンズ」は、スィング・ジャーナル社主催のジャズ・ディスク大賞で「ヴォーカル賞」を受賞している。

主なアルバム