ヘンケン・ベッケナー

アニメ

ヘンケン・ベッケナー

へんけんべっけなー

アニメ機動戦士Zガンダム」の主要登場人物の一人。

地球連邦軍の一員として「星一号作戦」に参加した経歴を持つ。

地球連邦政府運動・エゥーゴに身を投じ、新造巡洋艦アーガマの初代艦長、アイリッシュ級?戦艦ラーディッシュの艦長を務める。

エゥーゴティターンズの最終決戦であった「メールシュトローム作戦」において、エマ・シーンの搭乗するガンダムMk-IIを救出しようと無謀な前進を試み、ティターンズの可変MSハンブラビの攻撃を受け、ラーディッシュのクルーと共に命を落とす。

富士急ハイランドのアトラクション「ガンダム・ザ・ライド?」においては、サラミス級巡洋艦を改装したフジ級輸送艦「スルガ」の艦長として登場するが、この艦はジオン公国軍モビルアーマーザクレロ」によって撃沈されている。

TV版では女性を口説くのが下手だったが、劇場版ではそうでもなかったようだ。

関連

  • 大丈夫か