ヘンスリー・ミューレン

スポーツ

ヘンスリー・ミューレン

へんすりーみゅーれん

Hensley Filemon Acasio Meulens

90年代のプロ野球選手。通称「Bam-Bam」。

右投右打、ポジションは外野手三塁手背番号は31→9番。

1967年6月23日生まれ。オランダアンティル諸島出身。

トリンテイツ大学から1989年、ニューヨーク・ヤンキースに入団。

「Bam-Bam」の愛称で、巧打者として活躍。

1994年、来日し千葉ロッテマリーンズに入団。日本球界初のオランダ人選手として注目される。

左翼手として出場、メル・ホールと共に中軸を支えた。

23本塁打、69打点の数字を残すも、135三振を記録。

ホールとの確執などもあり、1995年、ヤクルトスワローズに移籍。

同年、トーマス・オマリーと共にセ・リーグ優勝、日本一に大きく貢献した。

スワローズ時代は主に7番を打った。

また、端麗な容姿と温厚な性格より、ファンに愛された。

1996年、退団。

1997年モントリオール・エクスポズに入団し、メジャー復帰。

翌1998年には創立1年目のアリゾナダイヤモンドバックスに入団。

2000年、韓国プロ野球SKワイバーンズに移籍。同年、シドニー五輪オランダ代表として出場。

2001年、台湾でのIBAFワールドカップにも出場した。

2004年、アテネ五輪オランダ代表コーチに就任。

同年、ピッツバーグ・パイレーツ傘下3Aナッシュビルの打撃コーチに就任。


2006年、ワールド・ベースボール・クラシックオランダ代表コーチを務める。

親日家として有名である。