スマートフォン用の表示で見る

ヘンリー8世

社会

ヘンリー8世

へんりーはっせい

イングランド国王。1491〜1547(在位1509〜1547)

王妃キャサリンを離縁し、アン・ブーリンエリザベス1世の母)と再婚。

これを認めなかったローマ教皇クレメンス7世から、破門宣告を受ける(1533年)。

翌年「国王至上法」を議会に承認させ、英国教会の長となる。