スマートフォン用の表示で見る

ベーゼンドルファー

音楽

ベーゼンドルファー

べーぜんどるふぁー

Bösendorfer

オーストリアに本拠をおく、ヤマハ傘下のピアノ製造会社。

創業1828年。本社ヴィーン。創業者イグナーツ・ベーゼンドルファー

繊細な表現力を持って知られ、アンサンブルに好んで使用される。過去にはリスト、ブラームスドヴォルザークなど多くの著名な音楽家の支持を得てきたほか、各国王室御用達のピアノともなっている。

生産の機械化を厳しく拒否し、180年近くの長い歴史を持ちながら、生産台数の総計は未だに5万台に達しないという。

また97鍵の鍵盤を持つ「Imperial」シリーズは一説によると多くのバッハオルガン曲編曲をものしたブゾーニのリクエストにより誕生したといわれ、ギネスブックにも搭載された現在の最大級のピアノである。このピアノを使って録音されたCDにはわざわざ「ベーゼンドルファー・インペリアル使用」と書かれることが多い。

普通のピアノより余計目にある鍵盤は白鍵を黒色に,黒鍵を白色で塗っている(昔は余計目の低音部分に蓋をすることができたらしい)。

コンサートグランドの価額は,家が一軒建つ程度で一般庶民の手には届かない。見栄を張っている地方公共団体公民館に死蔵されていることも多い。

2008年、ヤマハYAMAHA)により子会社された。