ベーテ仮説

サイエンス

ベーテ仮説

べーてかせつ

Bethe ansatz:

一次元量子多体系のエネルギー固有関数を厳密に求める手法。ある関数形を仮定して条件を満たすように係数を決めて行くとちゃんと固有関数になるものが出てくる。

たとえば一次元のN粒子系だと波動関数は N次元空間で定義されるが、これをN階乗通りの粒子の並び方に対応した領域に分割し、各領域では平面波を重ね合わせた波動関数を仮定する。二つの領域の境界で両側の波動関数の係数に関する条件式が出てくる。係数よりはるかに多い条件式が出てくるが、Yang-Baxter 関係式とよばれる関係式のために過不足なく係数が決定できる。