スマートフォン用の表示で見る

ベーパーロック

サイエンス

ベーパーロック

べーぱーろっく

vapor lock

:交通用語

油圧ブレーキにおいて、摩擦熱によってブレーキフリュードが沸騰してしまうことでパイプ内に気泡が発生し、ペダルを踏み込んだ圧力が正常にピストンまで伝わらなくなる現象。

ブレーキの効きが悪くなり、ブレーキペダルのタッチがスカスカになるのが特徴。

そのまま気づかずに走行を続けると、ついには全くブレーキが効かなくなってしまうため、おかしいと感じたら一度停止しを冷却する必要がある。

スポーツ走行で連続したハードブレーキングを行った場合の他、長い下り坂でフットブレーキを引きずりながら走行していた場合などに起こりやすい。

通常のセッティングであれば*1ベーパーロック単体ではなく熱フェードを伴うことが殆ど。

一度フリュードに気泡が出来ると、次は前よりも低い温度でも気泡が大きくなってしまうため、なるべくならフリュードを交換したほうが良い。少なくともエア抜きは必須。

関連語:フェード現象

*1:パッドをスポーツタイプに交換したのにフリュードがDOT3のままなど