ベアナックルII からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

ゲーム

ベア・ナックルII 死闘への鎮魂歌

べあなっくるつーしとうへのれくいえむ

セガより1993年1月14日に発売されたメガドライブアクションゲーム

ベア・ナックル 怒りの鉄拳』の続編で、ベア・ナックルシリーズの第2作目。開発はエインシャントが担当している。

マーシャルアーツの使い手・アクセル、紅一点の柔道家・ブレイズ、プロレスラーのマックス、前作に登場したアダムの弟・サミーの4人が、復活した悪のシンジケートに戦いを挑む、全8ステージのベルトスクロールアクションゲーム

前作の4倍となる16メガビットROMを採用し、キャラクターの大型化、アニメパターンの増加、バリエーション豊富なステージ展開など、あらゆる面でパワーアップしている。繰り出す技の種類が大幅に増加し、新たにコマンド入力による大技、ライフを使って敵に大ダメージを与える必殺技も加わっている。通常の2人同時プレイに加え、対戦格闘ゲームのように戦う対戦モードが新たに用意されている。前作で好評を博した古代祐三による音楽も健在。

続編として『ベア・ナックルIII』がある。

1993年7月23日には、ゲームギア版が発売された。マックスが削除されるなど一部の要素がカットされている。通信ケーブルを使用することで2人同時プレイが可能だが、対戦モードはない。

移植

メガドライブ版のシリーズ3作品はWiiバーチャルコンソールで配信されている。

2005年8月発売のPS2/GC用ソフト『ソニックジェムズコレクション』にメガドライブ版3作品が収録。

また、Xbox 360では「SEGA AGES ONLINE」として、メガドライブ版3作品を収録した『ベア・ナックルコレクション』が2012年5月30日より配信されている。

2015年4月28日よりニンテンドー3DSダウンロード専用ソフトとして『3D ベア・ナックルII 死闘への鎮魂歌』が配信されている。セガ3D復刻プロジェクトの第2期第6弾(通算第14弾)。移植・開発はエムツーが担当。3D立体視に完全対応。テンポよく爽快に遊べる「ノックダウンモード」、すべてのキャラクターを順番に使用して楽しめる「カルテット」モードを搭載し、それぞれの3DS本体にソフトを用意することでローカルプレイによる2人同時プレイも可能となっている。 これまでのセガ3D復刻プロジェクトと同様、途中セーブ/ロード機能や、豊富なオプション設定も用意されている。一度エンディングを見ると、すべての敵を一撃で倒すことができる「一撃必殺」モードが追加される。