ベイリービーズ からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

[英] Baily's Beads

日食で月が太陽を隠した際、月面の山などの凹凸によって太陽のフチが光のビーズのように連なる現象のこと。

1836年にこの現象について、初めて正しい説明を行ったイギリス天文学者フランシス・ベイリーにちなんで名付けられた。

ベイリー・ビーズが観測される時間を計測することで、正確には分かっていない太陽の直径のを知る手がかりになるとされている。