ベッセル楕円体

地理

ベッセル楕円体

べっせるだえんたい

日本測地系として明治期から2002年3月まで用いられた準拠楕円体。

GPS測量など測地技術の浸透や世界測地系への対応のために

2001年の測量法改正によってこの基準は放棄された。

ちなみにこの準拠楕円体は、

赤道半径を6377397.155mとし、

逆扁平率を299.1528128と定めている。

ドイツフリードリヒ・ヴィルヘルム・ベッセル(1784-1846)が計算して、

その後、ドイツと日本などがこの基準を採用した。