スマートフォン用の表示で見る

ベニート・フアレス

社会

ベニート・フアレス

べにーとふあれす

ベニート・パブロ・フアレス・ガルシア(Benito Pablo Juárez García, 1806年3月21日 - 1872年7月18日)

先住民族から選出された初のメキシコ大統領で、2度(1861年 - 1863年および1867年 - 1872年大統領を務めた。フアレスは最も偉大で敬愛されるメキシコの指導者であり、「建国の父」とたたえられており、20ペソ紙幣に肖像が使用されている。