ベノジール

フルラゼパム(インスミン、ダルメートベノジール

扁桃核視床下部などに作用し、不眠の原因となる過剰な外からの刺激を遮断して、情動活動を低下することによって睡眠に導きます。レム睡眠の抑制が軽いです。

【作用・適応・用量】

中枢抑制作用はニトラゼパムより弱い。

入眠障害、熟眠障害、早朝覚醒などの不眠症に有効です。

1日1回10〜30mgを就寝前に服用する。

【動態】

Tmax:約1時間 T1/2:2.3〜12時間

発現:約47分 持続:7〜8時間

未変化、代謝産物として32〜59%尿中へ排出されます。

母乳中に移行します。

急性毒性:マウス経口1450 ラット経口1050

【副作用】

大量投与、投与量の急激な減少で禁断症状が出ることがあります。

昼間の眠気、ふらつき、めまい、不安感、焦燥感など。

呼吸抑制がかかります。

運転には注意しましょう。