スマートフォン用の表示で見る

ベビーマッサージ

一般

ベビーマッサージ

べびーまっさーじ

赤ちゃんをやさしくなでることで、発達を助け、発育を促し、夜泣き・風邪・便秘・ぐずりにも効果があるとされる。母親がしてあげることで、母親自身も癒され、赤ちゃんとのコミュニケーションになる。父親や、他の保育者がしてあげてもよい。

ベビーマッサージは、直接、皮膚に行うのが主流。その際に、オイルを用いることが多い。ただ、体液循環を促すのを主眼としたベビーマッサージはオイルを使わないで行なう。

もっと広く捉えたタッチケアもある。