スマートフォン用の表示で見る

ベリーズ珊瑚礁保護区

地理

ベリーズ珊瑚礁保護区

べりーずさんごしょうほごく

(英名:Belize Barrier-Reef Reserve System、仏名:Réseau de réserves du récif de la barrière du Belize)

1996年に登録されたベリーズの世界遺産自然遺産)。ベリーズ本土から約20km沖に位置する、世界第2位の規模の珊瑚礁珊瑚礁でできた小島の数は450といわれ、マングローブがびっしりと生えている。また、絶滅の危機にあるタイマイアメリカマナティなど稀少動物が生息している。このように貴重な環境を保っていることが評価され、世界遺産に登録された。ライトハウス礁にあり、深さ約125m、直径約318mもあるブルー・ホールは、神秘的な美しさで有名。近年は観光開発が進み、環境が悪化しつつあるため、2009年、危機遺産リストに登録された。