スマートフォン用の表示で見る

ベリー位相

サイエンス

ベリー位相

べりーいそう

量子力学における概念。ハミルトニアンに含まれるパラメータが断熱的に変化し、初期状態と同じ値に戻ってきたとき、系は始状態と位相因子分だけ異なる。このような過程において系が得る位相のことを、ベリー位相という。

この位相因子はパラメータ空間において描かれる閉曲線の形状に依存する量であり、一般に幾何学的位相と呼ばれる量の一種である。パラメータの変化が断熱的であるとき、このような位相のことをベリー位相と呼ぶのが慣例になっている。