ベリアス

ゲーム

ベリアス

べりあす

ファイナルファンタジータクティクスファイナルファンタジーXIIに登場するキャラクター。魔人ベリアス

イヴァリースに存在する、人智を超えた闇の異形者の一人。白羊の宮(白羊の座)を司る。

存在としては同一であるが、ゲーム上の位置づけは作品間で異なる。

Final Fantasy Tactics

ルカヴィ?の一人として登場。

オーボンヌ修道院において、神殿騎士ウィーグラフ?ラムザに二度目の敗北を喫した。死の間際、彼の深い絶望と悲憤が、聖石「アリエス」を発動させ、ベリアスイヴァリースに顕現する。ウィーグラフ?ベリアスと契約後、統制者ハシュマリムと融合しているヴォルマルフ?と行動をともにする。

リオファネス?城においてラムザと一騎打ちの末、ウィーグラフは三度敗れるが、その後ベリアスとして最後の決戦を挑んでくる。

ユニット紹介によると、魔人とは「聖石の力によって生みだされた異形の怪人。肉体と魂を傷つけ奈落へと導く。」

Final Fantasy XII

召喚獣として登場。英語名は「Belias, the Gigas」。

4つの腕を持つ炎の魔人。対となる光の異形者は、超越者アログリフ。

聖域の番人として創られたが、異形者の中でも失敗作とみられ、本来の役割を与えられることはなかったという。神々に反逆し敗れた後、覇王レイスウォールと契約を結び、王墓の守護者となった。覇王の死後、暁の断片を守る者となった。

最初に召喚ライセンスを入手する召喚獣であり、シナリオ上必ず手に入れることになる。レイスウォール王墓・火炎の回廊で戦う。

また、幻妖の森・思の最果てにある魔人の門を通る際に、ベリアスを召喚して鍵を開く必要があるため、必ず誰かに召喚ライセンスを取得させなくてはならない。

ステータス・アクション

  • 属性:炎吸収、水弱点、それ以外は半減。
  • ステータス:永久ライブラ
  • 通常技:ペインフレア?(炎属性)
  • 召喚技:地獄の火炎(炎属性、サークル範囲)
  • 召喚技使用条件:残り時間10秒未満またはベリアスのHP30%未満。最大HPが最も高い敵に対して使用する。
  • 消費ミストナックカートリッジ:1つ
  • 修得に必要LP:10