ベルギーとフランスの鐘楼群

地理

ベルギーとフランスの鐘楼群

べるぎーとふらんすのしょうろうぐん

(英名:Belfries of Belgium and France、仏名:Beffrois de Belgique et de France)

ユネスコ世界遺産のひとつ。ベルギーフランス両国合わせて56の鐘楼が登録されている。

1999年にフランドル地方とワロン地方の鐘楼群(Belfries of Flanders and Wallonia)として32の鐘楼が世界遺産に登録されたのが最初。2005年にワロン地方のガンブルーの鐘楼、フランスのノール=パ・ド・カレー地域圏、ピカルディー地域圏の23の鐘楼の追加登録により、現在の名称となった。なお、ブリュッセル市庁舎の鐘楼は、それが包含されるブリュッセルのグラン=プラスが世界遺産に登録されたため、重複を避けるために登録解除された。