スマートフォン用の表示で見る

ベルクール

一般

ベルクール

べるくーる

ギュスターヴ・デュシェーヌ・ベルクール公爵(Gustave Duchesne, Prince de Bellecourt).

仏の外交官・初代仏註日公使(1817-1881).

1858(安政5)年に日仏修好通商条約締結のために訪日したグロ使節の一等書記官として初来日.翌年に総領事として再来日し,宣教師ジラールらを通訳として初期の日仏外交にあたった.1861年から公使に昇任.おおむね英公使オールコックと協調した対幕府政策をとった.

1864年にロッシュと交代しチュニス総領事に転出.