スマートフォン用の表示で見る

ベルト・モリゾ

一般

ベルト・モリゾ

べるともりぞ

ベルト・モリゾ(Berthe Morisot)

女性。1841年フランスのブールジュに生まれる。1895年没。

印象派画家の一人であり、同時に美術史において数少ない女性画家である。

非常に美しいパステルカラーの色合いや対象物を写真の一風景のように捉える構図、確かな技術に裏打ちされた大胆な筆さばきが特徴である。初期はウーディノ、コローらのもとで絵画を学び、マネやルノワール印象派の画家たちとの交流を通じて独自の絵画技法を編み出した。晩年にいたるまで盛んに製作を行い、画家ではマネやルノワール、画家以外ではマラルメと盛んに交流を行った。

マネとは非常に親しい間柄であり、絵のモデルになるだけではなく家ぐるみのつきあいがあるほどであったが、モリゾはマネの愛人というわけではなく後にマネの弟ウジェーヌと結婚し娘ジュリーをもうける。後年の作品はこの娘ジュリーや夫であるウジェーヌを題材にした牧歌的なものが多い。モリゾが好んで描いたモチーフはジュリーや夫ウジェーヌら家族に代表されるように自らの周囲、すなわち当時の上流階級の優雅な生活の風景が多く、風俗画の伝統を受け継いでいる一面もある。


黒衣の女ベルト・モリゾ―1841-95

黒衣の女ベルト・モリゾ―1841-95

西洋絵画の巨匠 モリゾ (西洋絵画の巨匠 6)

西洋絵画の巨匠 モリゾ (西洋絵画の巨匠 6)