ベント・ハーメル

映画

ベント・ハーメル

べんとへーめる

ノルウェー映画監督1956年ノルウェー、サンネフィヨル生まれ。

ストックホルム大学で映画理論と文学を学び、ストックホルム映画学校を卒業。ブルブル・フィルムという映画制作会社の経営者。「卵の番人」(’95)や「Water Easy Reach」(’98)、ショート・フィルムやドキュメンタリーを監督。

キッチン・ストーリー」はカンヌ国際映画祭監督週間に出品され、またトロムソ国際映画祭で国際批評家賞(FIPRESCI)を受賞している。

また、チャールズ・ブコウスキーの“作家修業時代”を基にした自伝的小説を映画化した「酔いどれ詩人になるまえに」は、カンヌ国際映画祭監督週間出品、「サンダンス映画祭2006 SPECTRUM」出品。