ベンヤミン・クリステンセン

映画

ベンヤミン・クリステンセン

べんやみんくりすてんせん

Benjamin Christensen

 

 デンマークアメリカで活動した映画監督・俳優。米語読みの表記はベンジャミン・クリステンセン

 デンマーク無声映画期最大の巨匠といわれ、カール・ドライヤーにも影響を与えた。

 1879年9月28日、デンマークのヴィーボー生まれ。

 コベンハウン(コペンハーゲン)で医学を学ぶが途中で声楽に転向。

 オペラ歌手になるが、持病のノイローゼが原因で吼えるような声が出なくなり、舞台俳優に転向。

 しかしやはり大きな声が出なくなり、1907年には舞台生活を離れ、シャンペンのディーラーとなる。

 1912年に映画出演を始め、1913年、初監督作『密書』を撮る。

 1924年にはカール・ドライヤー監督の『ミカエル』に出演。

 1925年MGMと契約し渡米。続いてファースト・ナショナル社で一連のホラー・コメディを撮る。

 1929年に帰国後、1930年アメリカに戻るが大不況により映画製作が困難になり1935年に帰国。

 1939年から1942年までデンマーク映画監督として活動し、晩年は映画館を経営した。

 1959年4月1日没。

 

 代表作にスウェーデンで撮った『魔女』(1919-21)がある。


主な映画監督作:

『密書』(1913)

『復讐の夜』(1915)

『魔女』(1921)

『悪魔の曲馬団』(1926)

『嘲笑』Mockery(1929)

妖怪屋敷』(1928)

『恐怖の一夜』(1929)

ダイヤモンド事件』(1929)


魔女 クリティカル・エディション [DVD]

魔女 クリティカル・エディション [DVD]