ペトルーシュカ

音楽

ペトルーシュカ

ぺとるーしゅか

ストラヴィンスキー作曲のバレエ音楽

火の鳥」の成功に続いて、ディアギレフが主催するロシアバレエ団の依頼で作られた。

初演は1911年6月13日パリ・シャトレ座 指揮はピエール・モントゥー、振付はミシェル・フォーキン、舞台はアレクサンドレ・ブノワ。ペトルーシュカ役をニジンスキーが行った。

物語は1830年ころのサンクトペテルブルク。謝肉祭の日に人形ペトルーシュカが人間の踊り子に横恋慕し、恋敵のムーア人に殺される。最後の場面にペトルーシュカの亡霊が現れ「殺されたのは人間でした。ああよかった」となって幕を閉じる

全体は4場に別れ

第1場 謝肉祭の日

第2場 ペトルーシュカの部屋

第3場 ムーア人の部屋

第4場 謝肉祭の夕方

またこの曲には版の問題があり、初演時の巨大な4管編成の「1911年版」とアメリカ時代に改訂した3管編成の「1947年版」が存在する