スマートフォン用の表示で見る

ペドロ&カプリシャス

音楽

ペドロ&カプリシャス

ぺどろあんどかぷりしゃす

音楽グループ。

リーダーは、ペドロ梅村。

1971年「別れの朝」でレコードデビュー。

1973年に2代目ヴォーカリストとして高橋まり(現・高橋真梨子)を加え、『ジョニィへの伝言』『五番街のマリ−へ』が大ヒット。

1975年には、紅白歌合戦にも出場。

高橋まりの脱退後はラテンバンドとしての性格を強め、1997年にはメキシコキューバでのコンサートを開催するなどして、現在も活動中。