ペニーアーケード

一般

ペニーアーケード

ぺにーあーけーど

東京ディズニーランドワールドバザール内にあるアトラクション。

19世紀後半から20世紀初頭のアメリカで人気のあった、約60台のゲーム機が揃う。

名前の由来は当時ペニー=1セントの銅貨、

すなわち小銭で遊べるゲームセンターが「ペニーアーケード」と呼ばれていたことにちなんでいる。

イベント毎にデザインが変わり、コレクターも多いスーベニアコインを作る機械、

メダリオンメーカーがあるのもここ。


単純なゲームが多いのだが、遊んでみると意外とハマる。