スマートフォン用の表示で見る

ペプシノゲン

ペプシノゲンは、胃の粘膜でつくられる消化酵素ペプシン)の前駆物質で、胃癌の前駆病変である萎縮性胃炎ではこのペプシノゲンの分泌量が減少するため、血清中のペプシノゲンを測定する事と、胃部X線撮影とあわせて胃がんの発見率を高めようとする試みがなされている。