スマートフォン用の表示で見る

ペルソナ・ノン・グラータ

一般

ペルソナ・ノン・グラータ

ぺるそなのんぐらーた

ペルソナ・ノン・グラータ(Persona non grata)、ラテン語で「好ましからざる人物」の意。

外交用語の一つで、通常外交官になるためには本国政府にそう認められると同様に、派遣先政府にもそう認めてもらわねばならない。

相手国から受け入れを認められた場合は「アグレマン」(同意、フランス語)されるが、逆に拒否される事もある。これが「ペルソナ・ノン・グラータ」である。

この拒否はいつ何時でも一方的に発動出来、またその理由を提示する義務はない。また、受入国が提示することにも問題はない。