スマートフォン用の表示で見る

ペレス・プラード

音楽

ペレス・プラード

ぺれすぷらーど

マンボの王様

ペレス・プラード

出典: フリー百科事典ウィキペディアWikipedia)』

移動: ナビゲーション, 検索

ペレス・プラード(Dámaso Pérez Prado, 1916年12月11日 - 1989年9月14日)はキューバのバンドリーダー、指揮者ピアニストマンボ王(マンボキング)とも呼ばれる。

バイオグラフィ

1916年(1922年説もある)にキューバのマタンサスに生まれる。父親は新聞記者で母親は教師。幼少時からクラシックピアノを学び、後にポピュラーに転向して地元のクラブ等でピアノオルガンを演奏していた。1940年代キューバ首都ハバナで働いていた頃、当時流行していたルンバジャズの要素を取り入れた新しいリズム「マンボ」を積極的に演奏し始める(「マンボの王様」という異名から、プラードにより作られたと語弊する者も多いが、彼がマンボの発明者ではない)。しかしこの新しいリズムはキューバ国内では受け入れられず、1948年メキシコシティへ移住。そこでペレス・プラード楽団を結成、一躍人気アーティストとなった。

その後、代表曲となる「マンボ No.5」や「マンボ No.8」を発表するとマンボは世界的なムーブメントとなり、アメリカに進出後発表した「セレソローサ」はアメリカのヒットチャートで26週連続チャートインするといった快挙を成し遂げた。

彼のスタイルは指揮をしながらステージ上で所狭しと踊り、飛び跳ね、激しく動き回りながら独特の掛け声で楽団を煽るというもので、マンボの強烈なリズムと共にそのステージは当時の若者を熱狂させた。

アメリカでの人気が下火となってきた1964年メキシコシティに本拠地を移す。日本には1956年に初来日、以後17回日本で講演している。その際パラダイス山元に掛け声の指導をしたとされる。1989年メキシコシティの自宅にて各種の病気の併発により死去。カストロ政権下でのキューバでは、その死はわずか数行の記事で片付けられたものの、メキシコシティで行われた葬儀は世界中からプラードのファンが集まり、「史上最も陽気な葬儀」と形容されるほど華々しい葬儀であった。

"http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9A%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%89" より作成