スマートフォン用の表示で見る

ペンギン・ハイウェイ

読書

ペンギン・ハイウェイ

ぺんぎんはいうぇい

森見登美彦著の小説。2010年5月30日発売。

ペンギン・ハイウェイ

ペンギン・ハイウェイ

ペンギン・ハイウェイ』は、わかりやすくいえば、郊外住宅地を舞台にして未知との遭遇を描こうとした小説です。スタニスワフ・レムソラリス』がたいへん好きなので、あの小説が美しく構築していたように、人間が理解できる領域と、人間に理解できない領域の境界線を描いてみようと思いました。郊外に生きる少年が全力を尽くして世界の果てに到達しようとする物語です。自分が幼かった頃に考えていた根源的な疑問や、欲望や夢を一つ残らず詰め込みました。(森見登美彦