スマートフォン用の表示で見る

ホーエンツォレルン城

地理

ホーエンツォレルン城

ほーえんつぉれるんじょう

(独:Burg Hohenzollern)

ドイツ帝国ドイツ第二帝国)の皇帝のホーエンツォレルン家の発祥の地の城であり、ドイツ連邦共和国シュヴァーベン地方のバーデン=ヴュルテンベルク州テュービンゲン県ツォレルン・アルプ郡?のヘヒンゲンの南の海抜855mの円錐形の山にある。現在の城はフリードリヒ・ヴィルヘルム4世がプロイセン王になる前の太子であった時に再建を決めたもので、没後の1867年に完成したものである。