ダリル・ホール&ジョン・オーツ からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

音楽

ホール&オーツ

ほーるあんどおーつ

■ダリル・ホール&ジョン・オーツ DARYL HALL and JOHN OATES ホール&オーツ HALL and OATES

70〜80年代にかけて大活躍したブルー・アイド・ソウルの名デュオ60年代ラスカルズライチャス・ブラザースと並びR&B派にも人気があった(フィラデルフィア系の影響を受けている)。

全米1位作は「Rich Girl」「Kiss On My List」「Private Eyes」「I Can't Go For That」「Maneater」「Out Of Touch」と6曲に上り、デュオとしての記録を持っている。

また85年にはポール・ヤングが彼らの「Everytime You Go Away」をカヴァーし、全米1位を獲得、上記以外にも数多くのヒット曲を持つ。

人気者なので軽視されたりもするが、音楽的に高く評価する向きも多い。トッド・ラングレン、デヴィッド・フォスター、ロバート・フリップジョージ・ハリスンエルヴィス・コステロスクリッティ・ポリッティ(グリーン)らとの作品もある。


amazon:DARYL HALL and JOHN OATES