ホアキン・サンチェス

スポーツ

ホアキン・サンチェス

ほあきんさんちぇす

Joaquin Sánchez

スペイン代表歴のあるサッカー選手

プロフィール

フルネーム : Joaquin Sánchez Rodríguez (ホアキンサンチェスロドリゲス

生年月日 : 1981年7月21日

出身地 : El Puerto de Santa María, Provincia de Cádiz, Andalucía (エル・プエルト・デ・サンタ・マリア?、カディス県?アンダルシア自治州

身長・体重 : 179cm・77kg

ポジション : 右サイドハーフ、右ウィング

プレースタイル、経歴など

抜群のスピードを誇り、右サイドからのドリブル突破を得意とするアタッカードリブラー

1999年、レアル・ベティスBでデビュー。2000-01シーズン、ファーストチームで36試合に出場しレアル・ベティスリーガ・エスパニョーラプリメーラ・ディビシオン昇格に貢献した。そして2001-02シーズン、プリメーラ・ディビシオンでのデビューを飾りベティスUEFAカップ出場権獲得に貢献。レアル・ベティスの中心選手としての地位を確立し、ラ・リーガ屈指の右ウィンガーとして一躍有名に。デニウソンとの両翼はリーガ屈指の破壊力を秘めていた。

2006年8月、バレンシアCFに移籍。移籍金は当時バレンシアCF史上最高額 (2500万ユーロ) と報道された。2010-11シーズン、同じポジションのパブロ・エルナンデス (Pablo Hernández Domínguez) にスターティングメンバーの座を奪われ交代出場が多くなり厳しいシーズンを迎える。

2011年6月、大補強を敢行していたマラガCFへ400万ユーロで移籍した。


スペイン代表デビューは2002年2月13日の親善試合ポルトガル戦。2002年日韓ワールドカップにも2試合出場し、主に右サイドハーフとして活躍。準々決勝の韓国戦ではフェルナンド・モリエンテスのゴールをアシストしたクロスボールがラインが割っているという誤審で取り消しなってしまった。その後のPK戦ではPK失敗。鮮烈な世界デビューを飾るも本人にとっては苦い経験に。その後EURO2004・2006年ドイツワールドカップも出場している。