スマートフォン用の表示で見る

ホッケースティック曲線

サイエンス

ホッケースティック曲線

ほっけーすてぃっくきょくせん

 アメリカペンシルバニア州立大学の教授マイケル・マンが提唱した気候変動の経年変化を説明する図形。

アイスホッケーのスティックのように、初めは平ら、ここ30年で気候が劇的に上昇したことを示している。

HS曲線とも書く。

 ただ、この理論は捏造ではないか、ということで、「クライメートゲート事件」という騒動が起きている。