ホモセクシュアル からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

一般

ホモセクシャル

ほもせくしゃる

ホモセクシャル(英:homosexual)とは、同性愛者のことである。男性が男性に対して、女性が女性に対して性的指向を持っていることを同性愛といい、同性愛指向を持った人を同性愛者、英語でホモセクシャルという。日本では狭義に男性の同性愛者のみを指して用いることがある。

21世紀の今日、先進的な西欧諸国で、同性結婚及びパートナー制度が浸透してきており、同性愛者の権利は世界的に拡大されてきている。一方で後進的なイスラム諸国ではイランサウジアラビアなどのように死刑にされている地域もある。

ヒラリー・クリントン米国務長官は2011年12月6日、世界人権デーに合わせてジュネーブ国連欧州本部で演説し、「同性愛者の権利は人権であり、人権同性愛者の権利だ」と宣言。同性・両性愛者や心身の性が異なるトランスセクシュアルなど、「LGBT」が世界中で違法な存在として逮捕・処刑されたり、暴行を受けて殺害されていると懸念を示し、「LGBT市民の人権を認める地球規模の合意を達成するため、努力しなければならない」と訴えた。


ゲイ=男性同性愛者の分類・・・ゲイには大きく分けて以下の4タイプがある。

1.男性的なゲイホモセクシュアル・・・最も多い。身体は男性のままで、自分の男性器は喜ばしいものである。服装と心も男性的。オネエ言葉も使わず、男言葉を使う。男性として、男性らしく、男性を愛したいと思っている。恋愛対象が同性であることを除いては、異性愛男性と変わらない。内面が女性的なゲイは「オネエ」(トランスジェンダー)と呼び区別する。見た目や喋り方ではヘテロ男性と区別がつかず、また、日本ではカミングアウトしていない人が殆どを占める為、後述のトランスジェンダートランスベイトと比べ、可視化されていない。

 

2.トランスジェンダー(女性的なゲイ=オネエ、女性的なホモセクシュアル・・・男性的なゲイの次に多い。女装願望はない。身体も服装も男性のままでいたくて、自分の男性器は喜ばしいものである。ただし心が女性的(オネエ)で、オネエ言葉を使い、女性として男性を愛したい(男性から愛されたい)と思っているところが、男性的なホモセクシュアルと違う。男性的なゲイとの境界はやや曖昧。今、テレビに出ているオネエタレントの多くはトランスジェンダーである。2丁目などゲイコミュニティの中では、オネエ言葉を使うゲイを、オネエといってきた。

3.トランスベスタイト(=女装家・・・女装をするが、身体は男性のまま。自分の男性器は喜ばしいもので、性転換手術は望まない。心は女性的で女性目線。最近は女装している状態をトランスベスタイト異性装)より、クロスドレッサーと呼ぶことが多い。

4.トランスセクシャルニューハーフGID性同一性障害・・・女装をし、身体が男性であることに違和感があり、性転換願望がある。完全な女性になり、女性として男性を愛したいと思っている。近年は同性愛より異性愛カテゴライズされる。(男性から女性に性転換し、女性として女性を愛したいという人もいる。その場合は女性同性愛になる)。