スマートフォン用の表示で見る

ボーイスカウト

キーワードの候補

2件

一般

ボーイスカウト

ぼーいすかうと

ボーイスカウト運動の中で小学校5年生の9月から中学校3年生までの少年少女を対象として活動する部門。

班及び隊の活動に参加することによって自分の責務を果たし、野外活動を主とした体験学習をとおしてよき社会人たる資質の向上を図り、ベンチャースカウトへの上進を目指す。

ボーイスカウトのモットーは「そなえよつねに(備えよ常に)」

活動目標

ボーイスカウト部門の活動目標は以下のとおり

  • 神(仏)を敬い、自分のつとめを行う。
  • 野外活動により大自然を知る。
  • 班および隊の活動をとおして、自分の役割と責務を果たすことを学ぶ。
  • 人生に有用な知識と技能を習得する。
  • 自ら考え判断し決断する力を養う。
  • 自分の特性と長所に目覚め、創造力を伸ばす。
  • 健康の増進につとめ、身体を強健にする。
  • 好奇心と冒険心を満足する活動を行う。
  • リーダーシップを身につける。
  • 他の人々に役立つ奉仕活動を行う。
  • フェアプレーの精神と正義感を養う。
  • 愛と感謝する心を養う。

ちかい・おきて

スカウトのちかい

入隊に際して、ボーイスカウトは以下の「ちかい」をたてます。

私は、名誉にかけて、次の3条の実行をちかいます。

  • 1. 神(仏)と国とに誠を尽くしおきてを守ります。
  • 1. いつも、他の人々をたすけます。
  • 1. からだを強くし、心をすこやかに、徳を養います。

この「ちかい」は、ボーイスカウトベンチャースカウトローバースカウト、成人指導者の全てに共通です。

スカウトのおきて

  1. スカウトは誠実である
    • (スカウトは、信頼される人になります。真心を込めて、自分のつとめを果たし、名誉を保つ努力をします。)
  2. スカウトは友情にあつい
    • (スカウトは、きょうだいとして仲よく助け合います。すべての人を友とし、相手の立場や、考え方を尊重し、思いやりのある人になります。)
  3. スカウトは礼儀正しい
    • (スカウトは、規律正しい生活をし、目上の人を敬います。言葉づかいや服装に気を付け、行いを正しくします。)
  4. スカウトは親切である
    • (スカウトは、すべての人の力になります。幼いもの、年寄り、体の不自由な人をいたわり、動植物にもやさしくします。)
  5. スカウトは快活である
    • (スカウトは、明るく、朗らかに、いつも笑顔でいます。不平不満を言わず、元気よく、進んでものごとを行います。)
  6. スカウトは質素である
    • (スカウトは、物や時間を大切にします。むだをはぶき、ぜいたくをせず、役立つものは活用します。)
  7. スカウトは勇敢である
    • (スカウトは、勇気をもって、正しく行動します。どんな困難があってもくじけずに新しい道をきり開きます。)
  8. スカウトは感謝の心をもつ
    • (スカウトは、信仰をあつくし、自然と社会の恵みに感謝します。お礼の心で、自然をいつくしみ、社会に奉仕します。)

この「おきて」は、ボーイスカウトベンチャースカウトローバースカウト、成人指導者の全てに共通です。

入隊・上進

入隊

対象年齢の少年(男女)は入隊に際し以下の「入隊条件」を満たす必要があります。

  1. ちかい」と「おきて」がいえる。
  2. 三指の敬礼・左手の握手・スカウトサインが正しくできる。

「入隊条件」を満たした少年は、入隊式*1でスカウトの「ちかい」をたて、ボーイスカウトバッジ*2を着用して正式にボーイスカウトになります。

入隊後は年齢に関わらず「初級」の課目を履修します*3

上進

ボーイスカウトは中学校3年生の9月以降 *4ベンチャー隊に上進する事ができます *5

*1:入隊式の時期については、各団で独自に定める事ができます。

*2:昔の「見習いスカウトバッジ」です。

*3カブスカウトからの上進者は「上進章課目」で「初級」の課目を履修する事もできます。

*4:上進の時期については、各団で独自に定める事ができます。

*5:中学校を卒業するか、16歳に達した後は、ボーイ隊に留まることはできません。

一般

ボーイスカウト

ぼーいすかうと

概要

奉仕活動やキャンプなどを通して少年を教育する法人団体。

英国で1907年にベーデン-パウエル卿によって設立され、現在では216の国と地域で約2800万人の加盟員が活動している。(世界スカウト機構への正式加盟は、154ヶ国で約2600万人)

幼年期から青年期にわたる各年齢層に適応するよう、ビーバースカウトカブスカウトボーイスカウトベンチャースカウトローバースカウトの各部門に分かれており、それぞれ制服や規律が定められている。

目的と基本

財団法人ボーイスカウト日本連盟の教育規定では、目的と基本方針を以下のように定めている。

目的
財団法人ボーイスカウト日本連盟(以下「本連盟」という。)はボーイスカウトの組織を通じ、青少年がその自発活動により、自らの健康を築き、社会に奉仕できる能力と人生に役立つ技能を体得し、かつ、誠実、勇気、自信及び国際愛と人道主義を把握し、実践できるよう教育することをもって目的とする。(教育規定1-1)
基本方針
ボーイスカウト運動(以下「本運動」という。)は、ちかいおきての実践を基盤とし、ベーデン−パウエルの提唱する班制教育と、各種の進歩制度と野外活動を、幼年期から青年期にわたる各年齢層に適応するように、ビーバースカウトカブスカウトボーイスカウトベンチャースカウト及びローバースカウトに分け、成人指導者の協力によってそれぞれに即し、しかも一貫したプログラムに基づいて教育することを基本方針とする。(教育規定1-2)
参加の原則
本連盟の組織は、平等の原則に従い、すべての人々に開放される。(教育規定1-3)

その他

駅前で募金活動を行ったり山へキャンプに行ったり、徹夜で歩きとおす「オーバーナイトハイク」というのもある。

四年に一度、ジャンボリーという日本全国のスカウトが集う一大キャンプイベントがありそこでチーフリングなどを交換し合ったり。

ガールスカウトというのもあるがこれは主に奉仕活動がメイン。