スマートフォン用の表示で見る

ボアソナード

一般

ボアソナード

ぼあそなーど

ギュスターヴ・エミールボアソナード(Gustave Emile Boissonade de Fontarabie)、1825年−1910年。ボワソナード?とも。法学者。

明治初頭のお雇い外国人の一人で、明治政府による近代法の整備に貢献した。