ボビー・コックス

スポーツ

ボビー・コックス

ぼびーこっくす

Robert Joseph(Bobby)Cox

MLB選手・指導者。

右投右打、ポジションは三塁手背番号は6番。


1941年5月23日生まれ。米国オクラホマ州出身。

1959年ロサンゼルス・ドジャースに入団。

1968年ニューヨーク・ヤンキースでメジャー昇格。

三塁手の定位置を獲得も、選手層の厚さにより活躍できなかった。

1969年現役引退


1978年、アトランタ・ブレーブスの監督に就任。

1982年トロント・ブルージェイズの監督に就任。

1985年には地区優勝を果たす。

1986年、ブレーブスのゼネラルマネージャーに就任。

1990年、監督に復帰。

以後、現在まで監督を務め、地区優勝14回、ナ・リーグ優勝3回を記録。

1995年には、ワールドシリーズ制覇に導いた。

現役では通算37年と最も息の長い監督として記録を更新中。


また、気性の荒い監督としても知られ、2007年6月23日には監督として通算131回目の退場処分を受け、MLB記録を樹立した。*1

*1:ジョン・マグロー?も通算退場処分回数は131回であるが、監督としては通算117回である。