スマートフォン用の表示で見る

[英] "Bob" Sapp

ボブ・サップ(本名:ロバート・マルコム・サップ・ジュニア(Robert Malcolm Sapp, Jr))は、アメリカ合衆国修身格闘家、タレント、元アメリカンフットボール選手。チーム・ビースト所属。

1974年9月22日生まれ、アメリカコロラド州コロラドスプリングス出身。身長200cm、体重155kg。

かつては100メートル11秒で走ったという俊足。ワシントン州立大卒業*1後、NFLドラフト入りするも、アキレス腱の故障で引退。プロレスラーに転身するも所属団体WCWが崩壊。その後サム・グレコの紹介で石井和義と出会い、現在に至る。

2002年に格闘家デビュー。K-1のみならずプロレスでも大暴れし、同年にはプロレス大賞を受賞。

ユーモアセンスもありバラエティ番組でも人気者になり、ハリウッド映画にも出演を果たした。

2004年にはIWGP王者にも輝いた。

しかし、2004年5月22日のK-1 ROMANEXにて藤田和之と対戦し、タップアウトで敗北。保持していたIWGPヘビー級王座を返上した。

2005年にはサム・グレコの下で修行し、JAPAN GPにて中尾芳広堀啓富平辰文を破り優勝をさらった。

その後、様々な対戦を重ねるも人気・実力ともに低迷していった。

2010年、格闘家として第一線を退き、韓国でトークショーの司会および会社経営に乗り出していると明言した。

2011年(8月時点)では、韓国催眠術師となっていることが確認されている。