スマートフォン用の表示で見る

ボラティリティ

一般

ボラティリティ

ぼらてぃりてぃ

volatility(変動性)。

金融・商品先物業界の用語としては、ある銘柄についての価格変動率のこと。ボラティリティが大きい=価格変動が大きい、である。

一般的には標準偏差を用いることが多い。

オプション価格評価を爆発的に普及させたブラック・ショールズ方程式に含まれるパラメータであったため、一気に普及した。

オプション価格(プレミアム)から逆算されるインプライド・ボラティリティと、過去の値動きから算出されるヒストリカル・ボラティリティがある。

先物オプションなどの金融派生商品は、ボラティリティが大きくなると価値が上がる。金融派生商品を用いることにより、原資産を市場の実勢価格よりも有利に売買できる可能性が増すため。