ボランタリー経済

社会

ボランタリー経済

ぼらんたりーけいざい

ボランタリー経済とは、精神の満足を目的として人々が行う経済活動。


利他的行動が中心の経済で、誰からもお金をもらわずに活動を行う。インターネットが普及し、「評価」を仲介として、モノ、サービス、お金、が交換される評価経済社会が登場した。


具体的には、家事、育児老人介護、地域の清掃、無料のQ&Aサイト、アマゾン書評はてなキーワードの編集、クラウドファンディングがそれにあたる。反意語はマネタリー経済