ボリス・エリツィン

社会

ボリス・エリツィン

ぼりすえりつぃん

Boris Nikolayevich Yeltsin

1931年2月1日〜2007年4月23日

ロシア政治家ロシア連邦の初代大統領

スヴェルドロフスク(現在のエカテリンブルク)市生まれ。ウラル工科大学卒業。

1991年大統領に就任。

1999年に病気のために辞任した。

2007年4月23日、突然の心臓停止により死去。享年76歳。

ソビエト連邦時代には改革派として活躍し、ロシア民主化に尽力した。