スマートフォン用の表示で見る

ボリス・ベレゾフスキー

社会

ボリス・ベレゾフスキー

ぼりすべれぞふすきー

ボリス・アブラモヴィッチベレゾフスキー(Бори́с Абра́мович Березо́вский, Boris Abramovich Berezovskii 1946年1月23日 - 2013年3月23日)

ロシアの企業家、政治家応用数学の博士号を有し、当初は数学者としてアカデミズムの世界に進んだが、のちに実業家に転身し、新興財閥(オリガルヒ)の一角、ロゴヴァズ(LogoVAZ)グループの総帥として成功を収めた。エリツィン時代に台頭した、ロシアの新興財閥(オリガルヒ)の代表的人物で、その影響力から「政界の黒幕」とも称されたが、プーチン時代に失脚・亡命した。数学者だった経歴もあり、ソ連科学アカデミーロシア科学アカデミー)の会員であった。