スマートフォン用の表示で見る

ボルゲーゼ美術館

アート

ボルゲーゼ美術館

ぼるげーぜびじゅつかん

ボルゲーゼ美術館(ボルゲーゼびじゅつかん、Museo e Galleria Borghese)は、ローマにある、イタリアルネサンスバロック美術中心の美術館。

ローマ市内、広大なボルゲーゼ公園の一画にあるこの美術館には、シピオーネ・ボルゲーゼ(1576年 - 1633年)が収集した作品を中心とした美術コレクションが展示されている。シピオーネ・ボルゲーゼは教皇パウルス5世の甥で、ベルニーニカラヴァッジオらの芸術家を見出し、多くの作品を注文したパトロンでもあった。

建物の完成から約2世紀を経た19世紀初頭、ナポレオン・ボナパルトが、ボルゲーゼ家の多くの美術品をフランスに持ち出し、ルーヴル美術館に移してしまうという事件があった(当時、ボルゲーゼ家は経済的危機にあって所蔵の美術品を手放しつつあった。加えて、当時のボルゲーゼ家当主カミッロの妻はナポレオン・ボナパルトの妹ポーリーヌであった)。こうした事件を経てもなお、当館にはルネサンスバロック期のイタリア美術の優品が数多く伝えられている。

なお同美術館は、現在は予約制となっている。